美容液の種類や成分、効果について

美白美容液の成分と成果


美白美容液は、日焼けによるシミやそばかすなどを防ぐ成分が豊富に含まれている美容液です。紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。意識して日焼けしなくても、生活紫外線として降り注ぐUVAの量が多く、知らない間にしみやそばかすなどができることがあります。美白美容液は肌を白くする効果がある程度認められていることが条件となるため、販売される場合は医薬部外品とすることが義務付けられています。

美白美容液に配合されている主な成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどがあります。ビタミンC誘導体は、抗酸化作用や美白作用が期待できるビタミンCを肌内部に浸透しやすいように分子構造を小さくした美容成分です。肌の老化を防ぐ効果も期待できるため、美白だけでなくアンチエイジング効果も期待できるでしょう。

アルブチンは、シミやそばかすの元となるメラニン生成に関わるチロキシナーゼという酵素の働きを抑制する効果が期待できます。トラネキサム酸は、必須アミノ酸の1つであるリシンを化学的に合成した成分で、色素沈着に影響を及ぼすメラニンの生成を抑制する効果が期待できます。プラセンタエキスは、メラニンの生成を抑えるだけでなく、肌の新陳代謝を促す効果も期待できます。