美容液の種類や成分、効果について

美容液の役割と種類


美容液は肌のコンディションを整えるために使用する基礎化粧品の1つです。保湿や美白などの美容成分を濃縮して配合された化粧品で、若々しく健やかで美しい肌づくりのためのスキンケアには欠かせないアイテムとなります。美容液の役割は、肌の水分を保持して肌に効果が期待できる成分を角質層まで届けることです。

「乾燥しているので潤いを与えたい」「肌のくすみやシミ、そばかすなどを防ぎたい」「肌の老化を抑制したい」など、さまざまな目的に合わせた美容液が販売されています。美容液に必ず含まれていなくてはならない成分はないので、成分表示を参考にしながら目的に合わせて選ぶことがポイントとなります。

スキンケア化粧品には美容液のほかに、化粧水、乳液、クリームなどがあります。テクスチャーや配合成分に違いはあるものの、共通しているのは使用する目的が主に保湿であることです。化粧水は肌に水分を与え、乳液やクリームが保湿した後の水分の蒸発を防ぐ役割を果たすのに対して、美容液は肌の水分を保持する役割を担っています。したがって、美容液は、洗顔後に化粧水の次に塗布し、乳液やクリームを後付けするのが一般的な使い方です。

化粧水を塗った後になるべく早く美容液を使用しないと、せっかく補った水分が蒸発してしまいます。また、化粧水に比べて美容液の価格が高いからといって少量しかつけないと潤いを実感することができません。今回は、美容液の種類として代表的な保湿美容液、美白美容液、エイジング美容液の3つの成分や期待できる効果についてまとめました。


☆彡スキンケア関連おすすめサイト☆彡
年齢とともに気になる乾燥やシワを防ぐには、第一に保湿ケアを行うことが大切です。わらびはだは保湿効果が高いという口コミが多く寄せられているスキンケア化粧品なので、気になる人は要チェックです ⇒ わらびはだ 口コミ